企業情報

会社概要

社名
株式会社ディ・エフ・エフ
社名(英語)
DFF Inc.
設立年月日
2001年6月18日
代表取締役
清水久敬
所在地
〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町6-8
PMO日本橋大伝馬町6F
» 地図はこちら
TEL(代表)
03-5652-5333
FAX(代表)
03-5652-5331
ISMS認証

メッセージ

私たち株式会社ディ・エフ・エフは、2000年に当時英語圏にのみ存在したクリック募金を日本で広げるために設立しました。
現在、設立17年目を迎え、おかげさまで4億5千万円以上の寄付を創出し、日本最大のクリック募金運営会社に成長しました。

2003年からは、企業のCSRの取組みおよび情報開示をサポートするサービスを開始しました。CSRレポートを対象にした調査サービス「CSRモニター」では、国内で最も多くの企業様にご採用いただいています。

2008年からは、CSRの最新のトレンドや国際ガイドラインに対応したCSRレポート制作や、CSR情報開示、CSRコミュニケーションの支援を進めております。また、マテリアリティの特定(重要課題の特定)や、開示優先度分析など、CSR経営の基盤となる分析・コンサルティング支援も幅広く展開しております。

更に2015年からは、全社的なCSR情報の円滑な統合・開示をサポートする「サステナビリティ統合マネージャー」というクラウド・サービスも開始しました。

Shared Value Innovation"「共通価値創造に革新を」を合言葉に、業界最高水準のCSRのコンサルティング・分析・制作支援をトータルで進めることで、企業様のCSR経営推進を力強く支援して参ります。

代表取締役 清水久敬 略歴

代表取締役 清水久敬

  • 早稲田大学大学院商学研究科(MBA) 修了
  • シカゴ大学ブースビジネススクール(留学)
  • 東北大学大学院 環境科学研究科修了
  • 法政大学卒
  • カリフォルニア大学デイビス校(留学)

大学卒業後、コンサルティング会社に就職。2001年に株式会社ディ・エフ・エフ設立。カリフォルニア大学留学中に出会ったクリック募金を日本に初めて導入し、4億円を超える寄付を創出。現在、CSR報告書の企画・制作、CSRコミュニケーション支援、サステナブル・ビジネス開発などを手掛ける。

【紹介記事】

朝日新聞「be」フロントランナー(PDF:280KB)

【著書】

プランB4.0

  • プランB4.0
  • 著者:レスター・ブラウン
  • 監訳:清水久敬

事業の目的

CSRに積極的に取り組む企業を対象に、その企業が実施するCSRの取り組みや実績を広く多くの人に効果的にコミュニケートするための支援を行うこと。

企業理念

使命

私たちは、持続可能な社会につながるコミュニケーションを創り、社会に貢献します。

行動指針

プロフェッショナルであること
  • クライアントの立場で考え、役立つことを考え抜くこと。
  • 日々学習し、スキルを磨くこと。
  • 初心を忘れないこと。
社会の役に立つこと
  • 社会に良いインパクトをもたらすことは何かを考えること。
  • できることから、行動すること。
  • 多様な価値観を大切にすること。
いきいきと生きること
  • 集中して仕事をすること。
  • 毎日定時に退社し、残業はしないこと。
  • ワークライフバランスを心がけること。

沿革

2000
  • 合資会社ドネート・フォー・フリー設立
  • クリック募金の運営を開始
2001
  • 株式会社化により、社名を株式会社ディ・エフ・エフに変更
2002
  • 花王、メリルリンチ日本証券等がクリック募金を導入
  • 企業サイト内に導入可能なクリック募金システム「PHILA」を開発
2003
  • クリック募金システム「PHILA」をコスモ石油、味の素等が導入
  • 「CSRコンソーシアム」の開発、運営を開始し、ユニ・チャーム、大和証券グループ本社等13社が参画
2004
  • 企業のキーパーソンが持続可能な社会づくりをテーマに語るインタビューサイト「語る」を開設
  • オンライン上でステークホルダーと企業が直接対話するためのシステム「Stadiams」を開発し、松下電器、損害保険ジャパン、積水化学等が導入
2005
  • 本社を日本橋堀留町に移転
  • ウェブ・イノベーション事業を開始。キリンビール、ジョンソン・エンド・ジョンソン等が採用
  • クリック募金の累計寄付額5,000万円を達成
2006
  • 「フィードバック・マネージャー」の開発、運営を開始。日産自動車、オリンパス等が導入
  • 「アンケートプランナー」の開発、運用を開始。みずほフィナンシャルグループ、帝人等が採用
  • クリック募金の累計寄付額1億円を達成
2007
  • 「フィードバック・マネージャー」の導入企業数が18社に拡大
  • 「CSRモニター」の募集を開始
2008
  • 「フィードバック・マネージャー」の導入企業数が30社に拡大
  • 「ダイナミック・ディスクロージャー」の開発
  • 「ケータイ募金」の運用開始
  • クリック募金の累計寄付額2億円を達成
2009
  • クリック募金の累計寄付額2.5億円を達成
2010
  • 「ツイッター募金」「mixiアプリ版クリック募金」「動画募金」の運用開始
  • ウェブサイト内の用語解説機能「ワードバンク」サービス開始
  • クリック募金の累計寄付額3億円を達成
2011
  • CSR報告書の制作事業を開始
2012
  • ゲーミフィケーション事業を開始
2013
  • 本社を日本橋大伝馬町に移転
  • クリック募金の累計寄付額4億円を達成
2015
  • サステナビリティ統合クラウド事業を開始